雑穀

我が家は健康志向のため、毎日のご飯にも手を加えて、なんとかおいしく安く健康にを心がけています。お米を研いだ後、さまざまなものを入れて炊くのが私の趣味のようにもなっています。たとえば、麦、こんにゃくの粒、雑穀ミックスなど。

最近買った雑穀は、お豆腐屋さんで入手したものですが、大豆や小豆が砕かれて入っているところが特徴かと思います。ほかに入っているのは、押麦、もちきび、もち粟、ひえ、アマランサス、黒米です。これを少し入れて一緒に炊くと、仕上がりが香ばしいのです。炊飯器の底には少し焦げ目ができ、それも家族が大好きなので、少しずつ分けて盛りつけています。お米だけの時とは違い、歯ごたえがあるので、しっかり噛まなければなりません。噛むことで唾液の分泌もよくなり、顎も発達し、良いことづくめです。雑穀ご飯、気に入っています。

必要な物を買うのに利用できる消費者金融はこちら⇒即日融資の消費者金融なら今すぐ借りれる便利なのはココ

昭和の団地

団塊ジュニアの私は、子どものころ大規模な団地に住んでいた。

当時は同じくらいの年頃の子どもがいる家族が、それはそれはたくさん住んでいた。

団地の中にはたくさんの公園があり、いつも子どもの声がひびいていた。

今ではあまり見られない遊具なんかもたくさんあったなぁ。

印象的なかたちをした高い給水塔があり、それを見上げていたことを懐かしく思い出す。

そういえば、前にヒットした曲のMVの中にその団地の風景が使われていて驚いた。

今は親世代が残っているのみで、新しい家族の入居があまりないらしい。

公園もいつも閑散としているようだ。

あの遊具たち、子どもだったら時間を忘れて夢中で遊ぶに違いないのにな。

MUJIがURの団地のリノベーションを手がけるプロジェクトがあるようだけど、あの団地も是非再生してほしい。URじゃないんだけどね。

今がチャンス?入居の少ない団地に引っ越しをする!引っ越し費用は専業主婦キャッシングを利用がおすすめですよ。

定年退職後のカードローンのお申込み

カードローンというと、安定した収入がある人が申し込めるローンです。
定年退職をしたあとは、新規でカードローンを利用することができないのでしょうか。

少子高齢化が進んでいる日本において、定年退職をしセカンドライフを送っている方の人口が増えています。
収入が年金だけという状態でも、年金を安定収入と認めているカードローンがいくつかあります。

年金受給者の申し込みを認めているカードローンは、あまり多いとはいえませんがそれには大きく2つの理由があげられます。
1つめの理由は、そもそもカードローンには契約者の年齢制限というものがあり、満20歳から満60歳まで、満66歳まで、満69歳までというところが一般的です。

カードローンの多くは、借入れをしたお金をスライド定額リボルビング方式により、最初に決めておいた金額を毎月返済していくというスタイルです。
定期的な返済額は、1カ月に5,000円や10,000円など自分で無理のない金額に決めることができます。

高齢になるほど亡くなる可能性が高くなり、金融機関側としてはリスクをともないますので、年齢制限が設けられているわけです。

カードローンは、年齢制限の範囲内で、限度額内であれば、何回でも繰り返し借りることができますが、制限以上の年齢に達してしまうと、新たに借入れをすることができない決まりです。

改正された貸金業法も、影響していることが考えられます。
平成22年から新たに施行された貸金業法では、消費者金融が貸すことのできる金額が、前年度の年収の3分の1以内に改正されたのです。
定年退職をして何年か経った方が申し込むと、審査の段階で前年度の収入がないと判断され、貸すことができないという結果になります。

年金収入のみで暮らしている方にも申し込み資格を認めているカードローンは、年金を安定収入だと考えているので問題ないようです。
必要になったときすぐ対応できるよう、こうした知識だけでも備えておくと心強いでしょう。

当日キャッシングを利用できる条件で収入証明がいらない業者を利用するには!

借り換えの借入

私は最近借り換えの借入をしました。

借り換えの借入内訳は金利15%のショッピングリボを清算し、金利5.1%のカードローンへの借り換えキャッシングです。

これまでリボ払いなら月々定額で返済すれば良いからと考えていたのですが、いわゆる残高スライドリボルビング方式で、ショッピングリボの利用残高がみるみる増え、最終的には100万円まで増えてしまいました。

すると、金利は1万3千円ほどになり元金5千円の返済であれば、月々3倍弱の金利を払うことになってしまいます。

ようやくそのことに気付いた私は、まずはきちんと返済計画を立てなければならないと思い、いろいろ調べていく中で借り換えの借入の存在を知り、さらに調査を進め金利5.1%でキャッシングできるカードローンがあることを知りました。

これはすぐにも行動を起こさなければということで、私は某金融会社のホームページから借入利用の為の仮審査を申し込みしました。※ アコム 申し込みネットでするならココ即日融資が可能!

借入の審査基準

やむを得ない事情でお金が必要になったとき、本当であれば家族や友人知人に頼むのが理想です。

しかし誰にも知られたくない場合や人間関係もあり、なかなかそうもいかないのが現実でしょう。

住宅ローンや車のローンなど高額の借入は銀行で行う人は大勢いますが、銀行の審査は厳しい上に融資までの時間がかかり、今必要なこのときを救う手立てにはなりません。

すぐに借入を行いたい人や定職に就いて日が浅い人などはハードルが低い消費者金融会社などを利用する方法があります。

消費者金融というと怖いイメージを抱いている人もいますが、現在の消費者金融は法のもときっちりと運営されており、大手銀行のグループの一員となるなど社会的信頼が急速にアップしてきているのです。 安心して信頼できるキャッシングをお求めの方はこちら→銀行カードローンでも即日融資が可能※早さが自慢のローン

消費者金融会社は銀行と比べると借入はしやすくなっていますが、それでも債務不履行者には簡単にお金を貸してくれません。

よほど悪質な会社でない限り必ず審査が存在し、安定した収入があるかどうか、またきちんと返済をしてくれる人であるのかどうかを見極められます。

審査に通った場合、この情報を元に借入可能額が決定されますが、総量規制でどんなに多くても年収の3分の1までと決められており、収入が少ない場合には当然借入可能額も少なくなりますので満足のいく額を借りられない可能性もあります。

しかし足りないからといって色んなところに申し込むと申し込みブラックとしてマークされますので、堅実に利用実績を作ることをお勧めします。

またそのほかの重要な審査基準として、過去の金銭事故歴です。

これはどこにいくら借りてきちんと返してきたのか、滞納していないかなどの情報であり、金融会社はこれらの情報を共有していますので他社借入額などを嘘をついて申告してもすぐにバレてしまいます。

嘘の申告をしたことがバレてしまったら借入の審査に通らないばかりか信用に値しないとして他のクレジット会社まで断られる可能性もありますから、借入の申し込み前は一度自分の借入履歴、返済履歴を確認してみるといいでしょう。

借りたら返済がやってきます、モビットなら来店不要の返済が可能⇒モビット返済