安全な運転と責任感を持って頂きたいです。

最近恐怖感を感じる事があります。それは交通関連です。私の市内は田舎といった程ではないと思います。信号も数多くある方だと思います。そんな市なのですか、去年あたりから、考えにくい事がおきてあます。それは「信号がある道路での、車の信号無視」です。良く歩行者が利用している信号です。(人が通らないのは、深夜くらいです。)そんな道路を、赤信号にも関わるずに、車が信号無視をして飛び出してきます。真面目と言われるかも知れませんが、この様な事は決してあってはいけない事です。何の為に免許センターで学んだんでしょうか?車は、人の命を奪うなんて簡単な乗り物だと知って運転している人達が増えています。運転するならばしっかりルールを守って欲しいです。ルールを守っている人達がいつ、事故に巻き込まれないかと気になるこの頃です。(私もその歩行者の一人です。)確り現実未来を考えて欲しいです。車だけでなく自転車も様々なルールを破っている方がいます。その中には、年齢を重ねた大人の方も少なくあありません。皆さん特に夜道はは人の事も考えて運転して欲しいです。自転車のライトはペダルが重くなる、そんな事で事故に巻き込まれる方の気持ちも考えて頂きたいです。当たり前なルールは守って欲しいです。なぜなら命に関わるからです。事故が起きてからでは遅いです。早く気づいて欲しいです。医師転職サイトランキングはこちら

はじめての予防接種!

子どもが二ヶ月になり、初めての予防接種にいってきました。

地元の小児科に行くのも初めて。抱っこ紐を使ってひとりで行ったので、体温を測るために紐から出したり、問診票を書くのがけっこう大変でした。唯一の救いは、子どもがぐずらないでいてくれたこと…。

予防接種の時間帯が決まっていたので、私が行った時間帯は子どもたちの泣き叫ぶ声が響いていました。暑かったし泣くかな?とおもったけれど、待合室にいるときはむしろニコニコ。これから起こることを知らないからこその余裕でしょうか(笑)

いよいよ診察スタート。与えられたシロップを美味しそうに飲む子ども。ここまでは順調。

そして、注射。

刺されて一瞬の間があってから、いきなり顔面真っ赤!涙がボロボロこぼれてきてギャン泣きに!

ですが、一瞬でおさまりました。

もう一本片側の腕にも打たなければなりません。またしても打った瞬間に真っ赤になって号泣していました(涙)

不思議と注射の瞬間以外は泣かなかったのですが、初めての小児科デビューで緊張していたのでしょうか。家に帰宅した瞬間から、いつものように泣き出す我が子でした(*^^*)

今年の夏は子供をスイミングに通わせました。

水泳なんて、学校でも体育の授業で教えてくれるし、

自然と身につくものだと思っていました。

私は、水が怖かったので、

スイミングに毎週通っていましたが、

子供たちは特段、恐怖もなく、

プールが大好きなので心配はしていませんでした。

ところが、水泳の授業でテストが実施されて、

泳ぐレベルに従って級を決められるということを聞きました。

うちの子は、なんと一番できていないレベル。

水に頭をつけたり、水かきができるくらいでした。

え?なんで?

みんなはどうしているの?と思って訊くと、

どうやら大半の子がスイミングの習い事をしているようでした。

子供に申しわけない気持ちになりました。

もっと早く気付いてあげて、

もっと早くスイミングを習わせてあげられればよかったのに。

パパとも相談して、今年は

夏休みの集中講座というものを見つけ、

子供を通わせることに。

私はペーパードライバーで連れて行ってあげられなかったのですが、

パパがお休みの間、毎日通わせました。

子供の反応は本当に楽しそうで、

わー、こんなに行きたかったんだ、と驚きました。

1時間のレッスンですが、

疲れ果ててよく眠ってくれました。詳細はこちら!